注文住宅でオリジナルの家を|不動産で人気が高い物件たち

自由設計

注文住宅の価格

home

注文住宅の建築は、主に工務店が行っています。加古川市で注文住宅を建築するには、地元の加古川市の工務店に頼むと、品質に優れた一戸建て住宅を建築してもらえます。 加古川市の注文住宅の平均的な価格は、坪単価40万円から50万円程度です。光暖房などの最先端の住宅設備を備えた注文住宅も、坪単価50万円程度で建築することができます。 注文住宅の価格は、設計料と住宅本体の建築費、付帯工事費から構成されます。注文住宅は自由設計が可能な点がメリットですが、特殊建築が必要な場合は、設計料が割高になります。 加古川市の工務店は、設計料が高くなる場合でも、坪単価50万円前後で注文住宅を建築することができます。エクステリアの工事代は別途必要になります。

戸建住宅の歴史

日本では終戦直後は、戦災によって住宅不足が深刻化していました。昭和25年に住宅不足を解消するために公営住宅の建築が開始され、住宅購入費の融資を行う住宅金融公庫が誕生しました。 昭和40年代になると日本人の所得は大幅にアップし、サラリーマンでもマイホームを購入できるようになりました。一戸建て住宅には分譲住宅と注文住宅がありますが、自由設計が可能な注文住宅に人気が集中しました。 昭和60年代から平成時代の前半にかけては、バブル経済によって、新築住宅の着工件数が史上空前の伸びを示しました。加古川市でも注文住宅を建築する人が増加しました。 平成10年代になると、一戸建て住宅のデザイン性が大きく向上し、加古川市でもデザイナーズ物件の戸建住宅が増えました。